PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(3) PMPの出力について

R2Rの1番ピンの電圧変化

ビデオ信号の出力としてPIC32のPMP(Parallel Master Port)を使おうと思っています。JR-100からのビデオ信号のキャプチャと整形後のビデオ信号の出力を並行処理するために割り込みを多用する必要があると考えていて、そうするとなるべくCPU処理の影響を受けないようにするためにDMAと協調動作できるPMPが有用だと考えたためです。 そこでまずはPMPの動作をテストしてみたのですが、思わぬ結果となりました。 PMPの出力周りの回路を再掲します。 青い線の左側はPIC32のPMD[0:7]ピン(PMDINレジスタ)につながっています。したがって(PMPを適切に設定したうえで)PM … “PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(3) PMPの出力について” の続きを読む

PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(2) 実装

PIC32MZをユニバーサル基板に実装(表面)

前回回路設計まではやってみました。四方をピンで囲まれた変換基板のためブレッドボードでの実装ができず、ユニバーサル基板上に実装します。部品点数も配線もそれほど多くないのですが、ユニバーサル基板だと相当手間がかかってしまいますね。実装結果はこんなになりました。 PIC32MZの変換基板がけっこう大きいので、ユニバーサル基板も少し大きめの秋月Aタイプ(155mm×114mm)でちょうどいい感じです。 R-2Rラダー抵抗は後で使いまわしたいので10ピン×1列のICソケットに挿しています。 また変換基板は四方に18×2列のピンヘッダを4個とりつけ、基板側のピンソケットと接続します。ピンソケットは40×2 … “PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(2) 実装” の続きを読む

PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(1) 回路設計

JR-100のビデオ出力をきちんとビデオキャプチャできるようにしたいという目標のもと、PIC17Fで垂直同期信号を補間することから始め、dsPIC24Fでカラーバーストを載せたりSビデオ信号に変換してみたりといったことをこれまで試行してきました。しかしどれも満足のいく結果は得られませんでした。ここまできたら、そもそも根本的に対処するやり方を考えるときが来たのかもしれません。そこで次はスキャンコンバータを作って最終解決を図ってみようと思います。 方針 これまでの敗因は以下の2点です。 JR-100のビデオ信号の周波数とPICが使用するクロック周波数はどちらも3.579545MHzの倍数なのですが … “PIC32MZでJR-100用スキャンコンバータを作る(1) 回路設計” の続きを読む