JR-100のプログラムデータを再生するツール

JR-100: 全体

JR-100ではプログラムを音声データにより外部媒体(カセットテープ)に保存することが可能です。この音声データ(仕様)を再生するプログラムを作成しました。目的は、JR-100のVIAのエミュレーションを正しく行うために、VIAの仕様書を読むだけでは理解できない動作をJR-100実機を使って検証するた … “JR-100のプログラムデータを再生するツール”の続きを読む

JR-100のセーブデータのフォーマット

JR-100: 全体

JR-100でSAVEコマンド実行時に再生される音声データの形式を示す。 記録方式 FSK (Frequency Shift Keying)方式で記録する。 スペース: 1,200Hz マーク: 2,400Hz ボーレート: 600ボー 1秒間に600個のスペース(0)またはマーク(1)を送ることが … “JR-100のセーブデータのフォーマット”の続きを読む

JR-100エミュレータ

松下通信工業製の8bitパソコンJR-100をPC上でエミュレートします。エミュレータの実装はCやC++で作成されるものが多いのですが、自分自身のJavaプログラミングの向上と、Javaで実装することによるマルチプラットフォームでの実行を目指しています。 エミュレータといえば実機のROMデータが必須 … “JR-100エミュレータ”の続きを読む

JR-100とは

JR-100

JR-100は昭和56年に松下電器産業から発売された8bitマイコンである。定価は54800円。当時の日本のマイコンは「80系」と「68系」のどちらかで呼ばれることが多かったが、JR-100は6802互換のCPUである富士通のMB8861を搭載した「68系」である。 なお実際には松下通信工業株式会社 … “JR-100とは”の続きを読む