JR-100のプログラムデータを再生するツール

JR-100: 全体

JR-100ではプログラムを音声データにより外部媒体(カセットテープ)に保存することが可能です。この音声データ(仕様)を再生するプログラムを作成しました。目的は、JR-100のVIAのエミュレーションを正しく行うために、VIAの仕様書を読むだけでは理解できない動作をJR-100実機を使って検証するた … “JR-100のプログラムデータを再生するツール”の続きを読む

JR-100のセーブデータのフォーマット

JR-100: 全体

JR-100でSAVEコマンド実行時に再生される音声データの形式を示す。 記録方式 FSK (Frequency Shift Keying)方式で記録する。 スペース: 1,200Hz マーク: 2,400Hz ボーレート: 600ボー 1秒間に600個のスペース(0)またはマーク(1)を送ることが … “JR-100のセーブデータのフォーマット”の続きを読む

USB Type Micro BとType Aの変換アダプタ

Raspberry Pi ZeroのUSBコネクタはType Micro-Bです。これにType Aのコネクタをもつ無線LANアダプタ(PLANEX GW-USNANO2A)を、これまで変換ケーブルを使って接続していましたが、せっかくの小さいデバイスにケーブルがぶら下がっているのは小ささを台無しにし … “USB Type Micro BとType Aの変換アダプタ”の続きを読む

Adafruitの8×8ミニLEDマトリックス制御API(Raspberry Pi用)

Adafuitの8×8のLEDマトリックスをRaspberry Piで使う方法のAPI編です。 初期セットアップの仕方は参考記事を参照してください。 この記事はサンプルコードを思いついたときに適宜追加していきます。そのため見るたびに内容が変わっている可能性があることをご承知おきください。 サンプルコ … “Adafruitの8×8ミニLEDマトリックス制御API(Raspberry Pi用)”の続きを読む

PSPの壁紙設定

PSPのシステムソフトウェアVer2.00から、メニュー画面に壁紙として任意の画像を設定できるようになってます(最近出荷されているPSPはすでにVer2.80になっているはず)。 「PSP 壁紙」で検索すると、山ほど壁紙提供サイトが出てきますが、せっかくなのでこの画像を自作してみましょう。 簡単に言 … “PSPの壁紙設定”の続きを読む

PNG API

自前で進めている古パソコンの解析作業(古パソコンの部屋参照)を進めるにあたって、文字フォントのビットマップから画像ファイルを機械的に生成するために、ビットマップデータから画像ファイルへの変換プログラムが必要になった。ブラウザで画像が見られることを前提としたため当初はGIFを検討したが、GIFを生成す … “PNG API”の続きを読む

MMLプレイヤ

古いパソコンのエミュレータ作成の一環として、各種音源ICのエミュレーションをしたいと思っています。また、昔さんざんいじったMMLを使って今のマシンから簡単に音楽演奏できたら楽しそうだと考えました。そこで、Javaのプログラミングテクニック向上も兼ねて、プレイヤを自作することにしました。 プログラム … “MMLプレイヤ”の続きを読む

JR-100エミュレータ

松下通信工業製の8bitパソコンJR-100をPC上でエミュレートします。エミュレータの実装はCやC++で作成されるものが多いのですが、自分自身のJavaプログラミングの向上と、Javaで実装することによるマルチプラットフォームでの実行を目指しています。 エミュレータといえば実機のROMデータが必須 … “JR-100エミュレータ”の続きを読む

Javaで/dev/nullへの書き込みをする方法

Unixでは標準出力への出力をすべて捨てる場合は/dev/nullにリダイレクトします。一方Windowsでは”nul”という名称のファイルにリダイレクトすることで同じことが可能です。したがってif文でプラットフォームに応じて異なるストリームを定義するようなコードを書けば対応 … “Javaで/dev/nullへの書き込みをする方法”の続きを読む

PA-7007(パソピア7)とは

東芝が1983年に発売した8bitパソコンである。通称「パソピア7」と呼ばれる。開発元は東芝のOA機器事業部。当時のパソコンでは3重和音の音楽演奏機能を搭載するのが普通でしたが、PA-7007は6重和音が出せるのが特徴である。 ハードウェア仕様 構成部品 CPU LH0080A (Z80A互換) 3 … “PA-7007(パソピア7)とは”の続きを読む