6802用アセンブラを作る(1) はじめに

VIA(6522)の動作をJR-100上で試すために、マシン語をハードコーディングする必要があります。中学生の頃は16進数のマシン語コードのまま平気でハードコーディングできましたが、この歳になるとさすがにつらい。

web上ではMS-DOS用のものなどが公開されていますが、JR-100エミュレータ用に作成したディスアセンブラがあるのでそのコードを流用して自作することにします。

アセンブリ言語の仕様書はこれを参考にします。
6800 Assembly Language Programming (外部リンク)

これまでの記録

投稿者: kemusiro

プログラミング、サーバ構築、電子工作、旅行が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。