JR100:エミュレータv2でゲームパッドに対応

JR-100エミュレータver2で、ゲームパッドに対応しました。さすがにゲームパッド対応用のマルチプラットフォームなライブラリを自作するのは手間がかかりすぎるので、JavaではメジャーなJinputを使っています。JInputはJavaのゲームエンジンlibgdxでも内部で使われているみたいです。

Jinputの使い方は別投稿に譲るとして、まずは設定画面はこんな感じです。

以下のゲームパッドでテストしていますが、他のでうまく動作するのか分かりません。もし動かない場合は連絡いただければ幸いです。

最初は手元にあったサンワサプライの古いジョイスティックをベースに作り始め、ある程度できたところで最新のゲームパッドで試してみようと思い、エレコムの12ボタンのモデルを買いました。すると軸に対してxyモード、rx/ryモード、z/rzモード、POVモードがあることが分かり(時代遅れですね。。。)、あらためて設計しなおしました。

が、このエレコムのゲームパッドに対してJInputでボタンの入力状態を拾うと、POVボタン(いわゆる十字キー)もアナログスティックも、POVボタンの入力として認識されてしまいます。エミュレータ側のバグなのかJInputのバグなのか、そもそもPOVモードとはそういうものなのか分かっていません。あまり実害は無いので放置しています。。。

投稿者: けむしろう

プログラミング、サーバ構築、電子工作、旅行が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。