ロジックアナライザ LAP-C(16032)を購入

古パソコン系の未知のLSIの動作を解析するため、ロジックアナライザを入手しました。モノは台湾のZEROPLUS社のLAP-C(16032)で、マルツオンラインで購入。

ロジアナやオシロスコープはとても高価で子供のころからあこがれの機械でしたが、この機種は一番下位のモデルで12,800円です。安い。けれども、これでも16チャンネルで1チャンネル当たり32Kビットのメモリを持っているので、ちょっとした実験には足りるような気がします。

ということで取り急ぎRaspberry PiのI2Cのデータをサンプリングしてみました。I2Cのプロトコルアナライザは現在無料で利用できるので、データの繊維の様子が分かりやすく表示されました。よしよし。

これでJR-100のVIA(6522)の動作を確認してみよう。

投稿者: けむしろう

プログラミング、サーバ構築、電子工作、旅行が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。