JR-100: MB14392について(1)

JR-100: 全体

松下電器が発行していた技術報告書からJR-100の論文を入手しました。 JR-100に搭載されているMB14392というLSIの仕様が長年謎だったのですが、この論文に情報が載っていたので、少しずつ分析していこうと思います。 ※ 分析のまとめはこのサイトのまとめページの方に順次追記していきます。 さてまずMB14392は、200ゲートアレイのセミカスタムLSI(マスタスライス方式)とのこと。マスタ・スライスLSIとは、 配線層のみの変更で専用回路を設計できるLSI。セルベースLSIでは,40枚程度のマスクを機器メーカーが用途に応じてカスタマイズする。マスタ・スライスLSIは,トランジスタ層と配線 … “JR-100: MB14392について(1)” の続きを読む