R6522:Timer1の1サイクルの長さ

R6522が持つ2つのタイマーのうちタイマー1は、設定した初期値(Nとする)の間隔でI/OポートBのPB7ピンの信号を反転させる機能を持っています。つまりNの値を変えることで任意の周波数の矩形波を出力できるのです。JR-100ではこれを利用して、PB7にスピーカーを接続していて、任意の音程の音を鳴らすことができます。 さて、R6522のデータシートによると、PB7の反転周期は初回がN+1.5サイクル、2回目以降はN+2サイクルとあります。図の説明ではタイマーが0になるたびに初期値Nがロードされデクリメントを続けるとあるので、一見するとNサイクル周期になるような気がします。それなのになぜなぜN+ … “R6522:Timer1の1サイクルの長さ” の続きを読む