JR-100のビデオ出力のカラーNTSC化(4) S-Video出力完成、しかし……

前回の同期ずれ問題を解消すべく、そもそもビデオキャプチャ側で同期分離する必要がなくなるようS-Videoでの出力化をすることにしました。S-Videoでは輝度信号(Y)と色信号(C)を分離して出力すれば良いです。JR-100からのコンポジットビデオ信号はS-VideoでのY信号そのものなので、JR-100の出力をそのままYに流してやり、適当なタイミングでC信号を出力すればよいはずです。 回路図 回路図の基本は前回のものを踏襲します。ただし次の2点を組み合わせて合計4パターンで実験してみることにします。 水平同期信号の幅 JR-100の水平同期信号の幅は9.05μsと規格よりだいぶ長くなっている … “JR-100のビデオ出力のカラーNTSC化(4) S-Video出力完成、しかし……” の続きを読む