JR100:エミュレータv2でゲームパッドに対応

JR-100エミュレータver2で、ゲームパッドに対応しました。さすがにゲームパッド対応用のマルチプラットフォームなライブラリを自作するのは手間がかかりすぎるので、JavaではメジャーなJinputを使っています。JInputはJavaのゲームエンジンlibgdxでも内部で使われているみたいです。 Jinputの使い方は別投稿に譲るとして、まずは設定画面はこんな感じです。 以下のゲームパッドでテストしていますが、他のでうまく動作するのか分かりません。もし動かない場合は連絡いただければ幸いです。 サンワサプライ アーケードスティックII  (JY-A46UCBL) エレコム Xinput対応ゲー … “JR100:エミュレータv2でゲームパッドに対応” の続きを読む

JR-100:エミュレータv2にCPU速度設定機能を追加

長らく放置していたJR-100エミュレータver2に新機能を追加しました。CPU速度を設定する機能です。コメントでいただいていた機能をいつか実装しようと思いながらずっと手を着けられずにいましたがようやくできました。ついでにR6522の実装も強化しています(外見はよく分からないと思いますが)。 ダウンロードはこちらよりお願いします。 JR-100エミュレータ こんな設定画面です。ほぼ10倍速となる10MHzまで指定できます。 JR-100のBEEP音の周波数はクロック周波数に直結しているため、例えば実機でクロックを2倍に修正するとBEEP音の周波数も2倍になるはずですが、エミュレータではクロック … “JR-100:エミュレータv2にCPU速度設定機能を追加” の続きを読む

JR-100エミュレータ

松下通信工業製の8bitパソコンJR-100をPC上でエミュレートします。エミュレータの実装はCやC++で作成されるものが多いのですが、自分自身のJavaプログラミングの向上と、Javaで実装することによるマルチプラットフォームでの実行を目指しています。 エミュレータといえば実機のROMデータが必須なのですが、私はJR-100の面白さを多くの方にぜひ知ってもらいたいと思い、最初はROMデータ不要版(v1)を開発しました。ある程度できたところでROMデータを使う本格的なエミュレータの作成に着手し(v2)、現在にいたっています。 ダウンロードと実行方法 エミュレータver1 JR-100のROMデ … “JR-100エミュレータ” の続きを読む