JR-200

JR-200は昭和57年にJR-100の後継機として松下電器産業(実際に作っていたのは松下通信工業(株)電卓事業部?)から発売されました。CPUはJR-100と同じアーキテクチャのMN1800Aです。末尾にAがついているので、クロックが上がっているかもしれません。未確認。JR-100と比べると見た目がかっこよくなってます。消しゴムキーボードは相変わらず。

機能としては3重和音の音楽演奏機能やカラー機能が追加され、当時JR-100ユーザだった私には憧れのマシンでした。またあらためてBASICの仕様書を見てみると、浮動小数がや固定小数が扱えるようになってます。バージョンも5になってます。

JR-200全景
JR-200全景

ハードウェア仕様

カタログスペック

CPU MN1800A(6802相当品)
サブCPU MN1544
メモリ ROM 16KB
RAM 32KB
VRAM 2KB
キャラクタROM 2KB
ディスプレイインターフェース 方式 RGB同期分離方式
コンポジットビデオ方式
RF変調方式
画面構成 32文字×24行
色指定 文字・バックともにキャラクタ単位で任意に色指定可能(8色)
文字構成 6×7ドットマトリクス文字 192種
8×8ドットセミグラフィック文字 64種
8×8ドットユーザ定義文字 64種
グラフィック 64×48ドット、ドットごとに上記8色で任意に色指定可能
ミュージック 仕様 5オクターブ3重和音
カセットインターフェース 方式 FSK方式、1200Hz(スペース)、2400Hz(マーク)
ボーレート 600ボー、2400ボー切り替え

構成部品

CPU MN1800A (6802相当)
RAM HM4864P-3 × 4 (64kbit DRAM)
VRAM HM6116P-3 (16kbit SRAM)
キャラクタRAM HM6116P-3 (16kbit SRAM)
ROM M5L2764K × 2 (64kbit UVEPROM)
I/Oコントローラ? MN1544CJR
MOSメモリ? MN1271
? HD61K201F

まだまだ謎の多いJR-200の構成部品です。これから調査していきますが、どこまで判明するのやら…。

ソフトウェア仕様

マニュアルより引用

メモリマップ

開始アドレス 終了アドレス 領域 備考
$0000 $07FF RAM部 32KB $0000〜$07ff:システム作業領域
$8000 $9FFF 予備
$A000 $BFFF ROM部(1) 8KB
$C000 $C0FF ユーザ定義パターンエリア(1)
$C100 $C3FF ディスプレイコードエリア
$C400 $C4FF ユーザ定義パターンエリア(2)
$C500 $C7FF アトリビュートエリア
$C800 $CFFF I/Oエリア
$D000 $D7FF キャラクタRAM部(2KB)
$D800 $DFFF 予備
$E000 $FFFF ROM部(2) 8KB

カラーコード表

マゼンタ(紫) シアン(水色)
コード 0 1 2 3 4 5 6 7

アトリビュートエリアデータ割り付け表

ビデオRAMアトリビュートエリアデータ
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
0 0:ノーマルモード
1:ユーザ定義モード
緑色情報 赤色情報 青色情報 緑色情報 赤色情報 青色情報
バック色コード フロント色コード

セミグラフィックパターンの色情報割り付け表

ビデオRAMディスプレイエリアデータ
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
緑色情報 赤色情報 青色情報 緑色情報 赤色情報 青色情報
右上部分の色コード 左上部分の色コード
ビデオRAMアトリビュートエリアデータ
Bit7 Bit6 Bit5 Bit4 Bit3 Bit2 Bit1 Bit0
1 0 緑色情報 赤色情報 青色情報 緑色情報 赤色情報 青色情報
右下部分の色コード 左下部分の色コード

画像ライブラリ

JR-200の全景

JR-100と違ってスペースキーが横に長いものになっていたり、独立したカーするキーが用意されていたりと、ユーザインターフェースが向上しています。かっこいいですね。

全景2

斜め上方から撮影してみました。実際にタッチタイプしてみると、押し代が浅いせいか指がキーに跳ね返される感じがします。

背面

ふたを開けてみたところ

電源が本体内に内蔵されるようになっています。またブザーではなくちゃんとしたスピーカーが付けられていますね。

CPUとRFコンバータその他

RFコンバータのコネクタに隠れて見にくいですが、CPUとしてMN1800Aが使われています。CPUの左下にカスタムチップらしきものが実装されています。 よく見るとCPUの下辺りに6800と1800Aを切り替えるジャンパを飛ばす印刷があります。何が目的なんでしょうね。

ROMとRAM

謎のLSI

ピン間隔が小さいタイプのLSIが入っていました。まだこのICが何者なのかは分かりません。

旧ページでいただいたコメント

  • MN1271:8bitマイクロコンピューター用I/OインターフェースLSI — 通りすがり 2010-08-20 (金) 17:38:53
  • R6522の二個分相当なVIAです — 小窓次郎 2011-12-03 (土) 02:05:21
  • パナソニックのサイトで廃品種のデータシートも公開されていました。MN1800AはMC6802(MC6800+128バイトRAM+クロックジェネレータ)からクロックジェネレータを取り除き、MC6800同様の外部クロック駆動にしたもので、1.5MHz版。MN1271はSuperComboという名称で、並列IOx4、直列IOx2、16bタイマーx2、8bタイマーx4、正弦波発生器x1、と、まるでワンチップマイコンからI/Oポートだけ取り出したようなデバイスです。 — くろょ 2016-05-28 (土) 11:39:52
  • ↑直列IOは1個でした。訂正します。 — くろょ 2016-05-28 (土) 11:41:06
  • 最近JR-100を入手したのですが(構造が単純でいじり易そうだったので)、こうしてみるとJR-200は大変な変わり者のようですね。例えばRAMが4864×4で構成されているところ。これだったデータバスは4bitしかありませんが、おそらくページモードで2回に分けてアクセスしているのでしょう。JR-100の素直な設計とはうってかわった変態ぶりです。 — くろょ2016-05-28 (土) 22:10:07

「JR-200」への1件のフィードバック

  1. JR-200に、PC-8001の世界時計を移植しようとしたら、時計のステ―メント(time$)が無いことに気づいたんですが、
    何とかすることは可能なんでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。