micro:bitで5-queen問題を解く

micro:bitの5×5のLEDディスプレイがマス目に見えてきて、そういえばN-queen問題もマス目にクイーンを置く問題だよな、と思い至りました。そこでmicro:bitで5-queen問題を解いてみようと思います。せっかくなのでmicro:bitでどれだけの計算性能を出せるのか見てみることにし、ついでにPythonとC++で同じプログラムを作ってどれだけ差がでるのかを見てみます。計算性能の測定が目的なので、バックトラック法のようなロジカルな解法ではなく、ニューラルネットを使った数値計算型の解法を使って試してみることにします。 5-queen問題とニューラルネットについて 一般的にはN-q … “micro:bitで5-queen問題を解く” の続きを読む

JR-100のビデオ出力のカラーNTSC化(4) S-Video出力完成、しかし……

前回の同期ずれ問題を解消すべく、そもそもビデオキャプチャ側で同期分離する必要がなくなるようS-Videoでの出力化をすることにしました。S-Videoでは輝度信号(Y)と色信号(C)を分離して出力すれば良いです。JR-100からのコンポジットビデオ信号はS-VideoでのY信号そのものなので、JR-100の出力をそのままYに流してやり、適当なタイミングでC信号を出力すればよいはずです。 回路図 回路図の基本は前回のものを踏襲します。ただし次の2点を組み合わせて合計4パターンで実験してみることにします。 水平同期信号の幅 JR-100の水平同期信号の幅は9.05μsと規格よりだいぶ長くなっている … “JR-100のビデオ出力のカラーNTSC化(4) S-Video出力完成、しかし……” の続きを読む